チャハフビリ

「ゴールデンスリップウェア」、「手しごとの会」、そして「みんげい市」、

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

 

さて、今日は、「チャハフビリ」というグルジア料理を紹介したいと思います。

ロシア出身の義兄のサーシャに何度か作ってもらって、とても美味しくて、

レシピを聞いてはうろ覚えでしたが、今回、なんとか近づいた味が再現できたので、

レシピをのせたいと思います。

材料(3~4人分)

○鶏肉(いろんな部位の肉と、骨付きがいいそうです) 今回は手羽元10本

○バターまたはサラダ油・・・大さじ1

○玉ねぎ・・・大1個

○トマト・・・中2個(湯むきして角切り)

○パプリカ・・・1個(角切り)

○ローリエ・・・1枚

○塩・・・小さじ1/2

○にんにく・・・1かけ(みじん切り)

○酢・・・小さじ1

○コリアンダー・・・小さじ1  ○チリパウダー・・・小さじ1/4

○パプリカパウダー・・・小さじ1/2  ○黒コショウ・・・小さじ1/2

○バジル、パセリなどの葉・・・少々

作り方

1.フライパンに油を入れ、鶏肉を焦げ色がつくまで炒め、取り出す。

2.そのまま同じフライパンで、みじん切りにした玉ねぎを柔らかくなるまで炒める。

3.厚手の鍋に、鶏肉、玉ねぎを入れ、その上にトマト、パプリカ、塩、ローリエを            入れて煮込む。

4.にんにく、酢、コリアンダー、チリパウダー、黒コショウを入れてさらに煮込む。            汁気がたくさん出てきます。

5.1時間半~2時間、肉が骨からほろりと崩れるくらい煮込みます。

6.バジルやパセリの葉を粗みじん切りにし、鍋に入れる。完成です。

 

ごはんにかけて、ごはんと一緒に食べます。

グルジア料理ですが、旧ソ連時代に、ソ連全土に広まったそうです。

サーシャはたぶん、「フメリ・スネリ」というミックススパイスを使っています。

伊勢では手に入りませんが、東京とかでは売ってるのかな??

どうやらネットで購入できるようです。スパイスはこちらを使ったほうが、

より近い味になるかと思います。

ひまがある方、ぜひためしてみてください。とても美味しいですよ!

 

カテゴリー: おうちのこと   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です